2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

パーソナルトレーニング

最近、知り合いの方に、養武法パーソナルトレーニングを指導させていただきました。
某有名太気拳や某有名中国意拳、その他某有名道場等で練功されて来た猛者で、推手も手合わせして頂いてなかなかの功の持ち主でした。
惜しむらくは、タントウや立禅の細かな修整や厳密性を指導されていなかったのか、だいぶ癖の強い状態で練功されていたようでした。
まずは、手型と軸の捉え方や作り方を提案させて頂き、普段の状態での力の使い方と、整体し改善された状態での力の出方を対人で歩いたり、推手等で実感して頂き、ケトルベルも立禅の整体力により持ち上がり方の違いを体感してもらいました。
そうすると、やはり功を長年練られた方なので違いをすぐに実感して頂いた様でした。
又、食事をしながらの坐学の後、終電の時間まで根法と推手を指導させて頂きました。
お会いした時と、帰る時の状態では身体から顔付き迄別人の出で立ちで、改善進化の実感を感じて頂いたみたいでした。
自分も功の高い方との交流で、大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。
そして次回もパーソナルの予約をして頂きました。

また、各方面の方々より、ありがたいことにセミナー、講習会の要望を頂き、今後、養武法の体験セミナーの開設も検討しております。

良き武縁に非常感謝!拝!。

2009年フィットネスセッションを終えて

P1010493mini_3 ゴールデンウイークのワークショップセミナー(2009年フィットネスセッション)は、参加者の要望に応えて、ほぼクラニアルセミナーで3分の2が終始した感じです。
参加者の方々はフィットネスや養生法の指導者クラスの人達か、治療者・プロトレーナーの方々でした。
先ず、希望者を募り前に出ていただき、他の参加者に視診として振り子を使った垂線を使い、立位での傾きと左右差(頭蓋と顔の歪み・肩部・胸部・背部・腰部・臀部・脚部・の結合組織と全骨格)のズレを確認し、全身の中で一箇所だけ施術するメジャー・マイナーの考え方で施術し、一箇所アジャストするだけで全身が改善する変化を観てもらいました。
そして、参加者が簡単にクライアントや周りの人達にすぐ使え、全身を改善できるクラニアルテクニックを実際に体験者どうしで学習してもらいました。
又、手技での改善が初心者には難しい症例の場合に、エネルギーテクニック(極性を使った外気功治療)での改善を紹介しました。
次に呼吸の構造と運動と意念を理解しながら、頭蓋と全身の連動性と実際に脳頭蓋と顔面頭蓋の改善テクニックを紹介しました。P10104952
その後今度は、武術の練功エクササイズに移行しました。最近は武術を取り入れたフィットネスが流行っていますので、簡単な武術の基礎的な動きは出切るかなと思っていたのですが、思ったより難しそうでした。やはり、本格的な武術の動きだと難しいのかもしれません。
しかし、最後の推手(手を触れ合わせた所で互いの中心を推したり守ったり崩したりする練功法)は出来ないなりにも楽しんでいただけたみたいです。
その他時間の都合上、キックミットの蹴り方に対する質疑応答での養武法的練功の説明や、動禅や根・ケトルベルを使ったアイソメトリックやプライオメトリック的練功及び身体改善法の理論を説明するだけで、体験してもらう時間が取れ無かったのが惜しまれます。
参加者をはじめ協力して下さったスタッフ及び師兄・友人の皆様に深く感謝の意を述べさせて頂きます。045_2
非常感謝。多謝多謝。拝

はじめまして

Oz 初めまして!養武法指導教師の大関智洋です。
武術格技(太気拳、意拳、日本剣術、中国剣刀、形意拳、八卦掌、太極拳、通背拳、少林拳、中国棒槍術、短剣術、日本古武術、ブラジリアン柔術、ムエタイ、ボクシング、総合格闘技)を中心に研究や稽古しています。
武術・格闘技等の方達からアドバイスやご指導していただきながら日々歩んでおります。
又、養生法や呼吸法、カイロ・オステ・クラニアルテクニック等の他、身体操作系・筋力運動系と交流研究し、武術格技とのリンクを模索しています。
そのエッセンスを整理編纂し「養武法」として研究提案しています。
武術歴二十数年の若輩ですが皆様宜しくお願い致します。

トップページ | 2009年6月 »