2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 第一回有資格者セミナー | トップページ | 第4回養武法セミナー »

9月号の秘伝

5日前に、「9月号の秘伝見ました!」と、二年ぶりのクライアントから連絡をもらい、昨日治療を受けに来て頂きました。

「最近ゴー○ド○ムで○藤清○さんのセミナー行って来たんですが、結局○藤さんの動きは、他人が真似ても所詮凡人には落ち込むだけでした。」とのこと。

二年ぶりのクライアントは元々、伝統やフルコン空手・キック等をやっていたのですが、動きが固かったので、治療の他、立禅・動禅・対人稽古を三年前に、五回程指導した方でした。

少し動きを見せてもらうと、格闘技として動こうとすると相変わらず固く、動きが判りやすくやられ易い状態でしたので、「立禅思い出して動いて、立禅の手形で打撃や崩しをやってみて」と、やらせてみるとしっくり来た様で、「全然練習していないのに動ける様になるんですね!」と驚いていました。
又、立禅の身体操作からの三軸円の攻防や崩しをアドバイスして、喜んでもらいました。

最後にクラニアルムーヴで腰痛と頚部痛、肩凝りの改善で終わりました。

有資格者セミナーでもおどろかれましたが、改善テクニックで短時間に身体が変わるのが解るらしく、ベーシックな治療とは違う認識からの改善変化に、驚き喜んでもらった様でした。

又、進化コースのパーソナルも希望されたので予約してもらいました。

そして、そろそろ帰る頃に武器法の話しを質問され、刀やナイフ理論のさわりを説明して、「これからは、武器を含め打撃・崩し・倒し・関節技を使える身体を創る事がある程度出来て、初めて護身ですね」と締めくくり終わりました。

つくづくマニアなクライアントで自分も楽しい時間でした。

これも秘伝のおかげですね(笑)。

非常感謝!大関智洋拝!

« 第一回有資格者セミナー | トップページ | 第4回養武法セミナー »

武術」カテゴリの記事

養生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216323/31104085

この記事へのトラックバック一覧です: 9月号の秘伝:

« 第一回有資格者セミナー | トップページ | 第4回養武法セミナー »