2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ブラジル・マナウス武術編3 2011.5.20 | トップページ | ブラジル・マナウス武術編5 2011.7.1 »

ブラジル・マナウス武術編4 2011.6.15

いやいや皆様ご無沙汰いたしております!

やっと日本から荷物が半年ぶりに届きました。

ブラジルに来て半年以上経ったということですね。

皆さんのおかげでなんとか生きております!

非常感謝!多謝!多謝!

待ちに待ったトレーニング器具の数々。

やはり半年重たい物を持たないと体が高重量に耐えられない虚弱ッキーになってました(笑)。

ケトル24㎏でヒーヒーです。

32㎏なんて添え手しないとダメダメですし、片手で上げ下げしていた素振り棒がプルプルで15回以上上げれてたのが2回で肘手首に来る始末。

でも重い物上げるのは辛いですが快感です!このへんがトレーニーの変態な所。

しかし自分よりガタイが良くウエイトトレーニーでマッチョなブラジル人達がケトルの24・32㎏や素振り棒の片手上げはたじろぎます。

アイソトニックトレーニングだけやってると使えなくなる典型ですかね?

普段もチューブだけの自分に皆力負けしてましたし。

自分がプライオメトリックやアイソメトリックを復活させたら生徒達に嫌われ始めてますが(笑)。

槍の基本も教え始めましたが、マナウスのブラジル人はすぐ忘れます。

日本のF君T君O君達は海外なら間違いなく優秀な生徒です!

マナウスはブラジルの超田舎。

弁護士の生徒も言い訳ばかり・・・・・政府の諜報関係は力み過ぎで集中力無し。

若い生徒二人は体力無い自分より早く疲れるし・・・・・

今思うに、日本で柔術指導に来てたブラジル人はほとんどチャンピオンクラスの超エリートだったんですね。

ブラジルの底辺に来た感じです。

そういえば中国北京のY先生が生徒集めに苦労してました。

しかしまだ首都なので引っ切り無しには新しい生徒が来てました。中に一人二人は優秀で続く生徒がいました。

後は自分の親族には特別扱いしてましたが。

やはりブラジルもサンパウロぐらいじゃないと外国人が武術や治療で成功するのは難しいのかもしれません。

最近古式ムエタイが日本の映画になったからか再び着目されてユーチューブで多く見かけます。

武器から組み技までの網羅のしかたが自分の養武禅と似てるので矢張りなという感じです。

因みに、対ムエタイやムエタイとの融合に意拳や太気は相性抜群です。

空手とムエタイも共通項が多く、日本の柔術的な要素もそれぞれ有り、養武禅に取り入れやすい部分がたくさん有りな感じです。

日本で武術・格闘として自分の教わった方々は世界レベルだんたんだなとつくずく思います。

再見!!!!!拝!

« ブラジル・マナウス武術編3 2011.5.20 | トップページ | ブラジル・マナウス武術編5 2011.7.1 »

武術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216323/41286177

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル・マナウス武術編4 2011.6.15:

« ブラジル・マナウス武術編3 2011.5.20 | トップページ | ブラジル・マナウス武術編5 2011.7.1 »