2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« タイソンも立禅三戦猿拳ボクシング | トップページ | 王薌齋 »

武の大事

太気拳の澤井先生いわく、太気拳は「気と気分が重要」といってます
(この場合の気は魚が、何かに反応する様との意味で使われています)
というか、「それだけだ」と。

又、中拳には一線を越える時の気分として、「冷たく狂う」・「静かなる狂気」という表現もありますね。

王老師いわく「鯉が居る池に石を投げた時の鯉の変化する反応が気だ」と説明しています。
要は魚が普段は水の中でゆったりと泳いでいても、石を投げいれた水の変化に体を切り返す様を、
我々が空間にも水の様な意識を張りながら自分の反応に利用し、
自分の腹の中の丹田に魚がいて体がその魚の反応で動く様に使うとも解釈できます。

養武禅ではこの[]を陰陽図の境と考え、
体幹や四肢の左右・上下・前後・斜め等全方位に陰陽が切り替わる核に成っています。

陰陽の切り替わりは、「ゆったり」と「小石」が肝ですね。

« タイソンも立禅三戦猿拳ボクシング | トップページ | 王薌齋 »

武術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216323/42169505

この記事へのトラックバック一覧です: 武の大事:

« タイソンも立禅三戦猿拳ボクシング | トップページ | 王薌齋 »