2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 合気道開祖との遭遇 | トップページ | こんなところに来てしまったんだな~(笑)。 »

講道館七段マスターズ世界大会2回優勝の69歳の柔道家

195659_100002272219420_5221599_s講道館七段で柔道マスターズ世界大会2回優勝の69歳。いまだ現役の先生を、二回目の食事に招待。

一回目は日本代表で優勝したらブラジルの弟子たちに、「何故ブラジル代表でやらないのか!?」と文句を言われ二回目の優勝はブラジル代表で出たそうです。

弟子のブラジル人では膝を壊すまではオリンピック候補だったのですが、柔道全南アメリカ大会で優勝したのが居るそうです。

前回は植芝翁と対戦した事のある元柔道家も交えての会食で、あまり踏み込んだ話が出来なかったのも有り、今回は少し踏み込んでの技術的な話が出来ました。

柔道の基本を重要視されて、ブラジル人に柔道の形と組み手は両輪であると教えようとされてる先生なんですが、いまだ現役をやられているだけあって、柔らかく力強い八方崩しと独自の胴着への掴み方や、あまり見たことのない掴み所を教えてもらい、ついでに山嵐や隅落としまで教えて頂きました。

やはり69歳現役世界チャンピョン(最後のチャンピョンは68歳だそうです)の枯れた技は深みが有ります。

又、古式の形は大腰かと思っていたのですが浮き腰だとの事でした(笑)。

http://www.kodokan.org/j_waza/ukigoshi_j.html

http://www.youtube.com/watch?v=ot5z7viZhqc&feature=related

« 合気道開祖との遭遇 | トップページ | こんなところに来てしまったんだな~(笑)。 »

武術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216323/43093142

この記事へのトラックバック一覧です: 講道館七段マスターズ世界大会2回優勝の69歳の柔道家:

« 合気道開祖との遭遇 | トップページ | こんなところに来てしまったんだな~(笑)。 »