2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ヘッジテレビアマゾニカから受けた取材報告~4~ | トップページ | 姚承栄老師御子息 »

第二回柔道基本セミナーを養武禅アカデミアで開催

今日、第二回柔道基本セミナーを養武禅アカデミアで開催しました。

最初は前回の復習で投げから抑え込みまでをやって、修正しながら少し応用や変化・連絡技に移行しました。                                                             
早速テレビを見て柔術の紫帯と黄帯の二十代半ばの二人が来ました。

今までマナウスで見てきた柔術家の中ではなかなかレベルが高そうでしたが、
何故か黄帯が異常に強く紫は半初心者のようでした。

後で聞いたらやはり帯を逆にしていたそうです。

セミナーの終わりに疼いてその強い彼とスパーしたんですが、
マナウスで今まで会った茶帯や黒帯レベルの強さを持っていて、
どの体制からも十字を狙って凄い圧力や引き力でした。
自分はインザベリーから一回アメリカーナや、
肩固めからノースサウスチョークがかかりそうでしたが、しのがれ上下の攻防の末、
最後は自分が上に成り横四方でいい加減相手も疲れていたので
「オブリガード」と言って止めました(自分も久々スパーで少し疲れました)。

時間切れとは言え、マナウスではじめて極められませんでした(笑)。

その彼は柔術とムエタイを遣っているとの事でしたから、
少し休んで打撃を軽くやったんですがなかなか才能は有る感じです。

しかし重心移動が硬く解りやすいので、軽く打撃を入れながらレクチャーしました。

武術的に常に後ろ足で支える方が前傾でも前足での蹴りや打撃に重みが加わる事をアドバイスしました。

やはり才能ある人間は呑み込みが違います。

武術がМ・М・Aにも有効なのが解ってもらえたようでした。

そういえば、もう一人の黄帯は宿利先生に投げられ呼吸できなくなりトイレで吐いていました。
そのあと肋骨を痛めた様なのでカイロプラクティス(ブラジルだとキロプラクシア)で痛みを取ってあげました。

自分の生徒の剣術少女も手首痛めてたので直しときました。

驚いたことに69歳の乱取り元立ちでセミナー参加者全員投げられてました。

紫帯柔術家も本気でやって投げられてみんな唖然としてました(笑)。

世界大会二回優勝は凄いんですね。

« ヘッジテレビアマゾニカから受けた取材報告~4~ | トップページ | 姚承栄老師御子息 »

武術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216323/43335665

この記事へのトラックバック一覧です: 第二回柔道基本セミナーを養武禅アカデミアで開催:

« ヘッジテレビアマゾニカから受けた取材報告~4~ | トップページ | 姚承栄老師御子息 »