2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 歩法雑感2 | トップページ | 肩固め首関節極めについてのフェースブックでのやり取り »

養武禅剣術概要

最近刀禅で教わった新陰流の形を分解して基盤練法を基に太気や意拳のように単式稽古にしたいなと思っている。

マナウスという限られた環境でのいわゆる自分なりの砕きとして

まず新陰流の木刀で

転系の合し打ちの刃筋(相手の刃筋と一線上)で雷刀から切り落としの後徐々に刷り上げ・押切・切っ先乗り(ほうりこみ・善待・燕鴈)・極意の刃筋・廻し等~

十字に勝つ和卜・斬釘勢までを基本一線上の歩法で合し打ちと共に教え刺し添え突きとつなげ間境を教える。

右左三角歩あるいは(一線上でも)角度攻撃的攻めの部類にまとめ、くねり系として大詰・添截(執笛勢)も含め刃が下か棟が下か右左前手と右左前足で分けて教え

ここから次に十太刀や地軸・明月之風等を猿廻勢の刃筋と双手廻刀の下からの切り上げや上からの切り下ろしで右左前手・右左前足で教え、ついでに脚の防御もここで教え

次に乱剣の刀棒や片手の軸で廻す廻刀として教えていきたい

ここまでは揺りや練にもなる。

その他、青眼・城郭・車・折甲・横雷刀・雷刀・霞・執笛勢・極意の刃筋でくねりの様な霞等の順逆と左右前手のパターンでどう打てるかを教えこれを立禅に昇華させたい。

全ての勢法に膝のえましと折敷を入れられるようにして、流技的に刃筋は八方向の二方向で左右横切りを嫌うようにし基本六方向にしたい(一応左右二方向もやる)。


要は大まかな六方向に十二通りの刃筋で棟・刃・左右前足・左右前手・左右陰陽手で切り上げあるいは擦り上げ切り落としや切り下げ刺し添え制すを主眼とする

基盤練法で全体を埋めながら練、二刀・多人数・小太刀・無刀捕り等全方位的刃筋を補足していく。

抜刀はつばの付いた木刀か模擬刀で座や居合腰・立位から右左前足になりながら左右に鞘を置き、鞘引きは棟に圧しながら後下方に引き一重に割りながら中墨峰谷に発刀。後は鞘中の刃を下にした下からの切り上げ発刀と垂直に抜いての全方位に突きと切り下ろし・上げ等

納刀と血ぶりは二種、その他柄サバキの砕き

最後は袋竹刀でサンドバック打ちや掛稽古・自由攻防等の中で細かな事や燕飛や他の形の用法身法等を交え指導したいと考えている。

これらが出来てから新陰流の形に入りたい人は入っていければと思う。



多少解釈の相違や誤解はご容赦ください。

« 歩法雑感2 | トップページ | 肩固め首関節極めについてのフェースブックでのやり取り »

武術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216323/43648844

この記事へのトラックバック一覧です: 養武禅剣術概要:

« 歩法雑感2 | トップページ | 肩固め首関節極めについてのフェースブックでのやり取り »