2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« アカデミア近況 | トップページ | ブラジル・マナウスの嘘文化 »

剣術雑感

最近自分の中で刀禅で教わった剣術の攻防術理がまとまりつつある感じです。

刀禅を含め刀の働きとしては当たり前ですが大きく分けて、斬る(打つ)・突く(刺す)・抑える(制圧・崩す)の三つに分けられますが、この働きを常に含んだ状態が理想と考えています。

新陰流の形を自由攻防で使い生かすには、この三つの働きがいかに同時に働くかが大事で、刀禅が求めている部分ではと自分は感じています。

又、自分が未熟な為も有るのですが、相手の小手を斬るとき極意の線に竜の口と円相を守りながら、釘を打つ様に斬って(打って)から、和卜や猿廻を含んだ斬釘に突きと抑えを同時にするよう心掛けると、相手の身に入り制圧できる感じです。

常に猿廻勢を攻防の流れの中に含むようにして、動きを構成すると非常に繋がりが楽にでき、廻刀的動作も、越す拍子の動作を意識しながら猿廻勢の斬り上げ斬り下ろし・くねり系の角度攻撃等を入れるとカウンターが面白いように入ります。

正にこれらは中武の形意・八卦・太極・通背・意拳の身法での攻防そのものの様に感じられてくるしだいです。

これらは自分勝手で未熟な解釈に過ぎませんのでご容赦ください。

« アカデミア近況 | トップページ | ブラジル・マナウスの嘘文化 »

武術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216323/44404750

この記事へのトラックバック一覧です: 剣術雑感 :

« アカデミア近況 | トップページ | ブラジル・マナウスの嘘文化 »