2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 下から上に | トップページ | 養武禅教授内容1 »

自分にそんな度胸は無い

ボクシング=元ヘビー級王者、強盗に銃撃されて死亡
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2164400&media_id=52

この記事に対してこんなコメがありました。

『どんなに武芸の達人でも子供が持つ銃には勝てない』

ボクシングを武芸とカラメテルとこから感心しました。

よく素人は[銃]さえあればと言いますが、ボクシングはルールに本来特化しています。

プロなら尚更です。

ましてプロ格闘技のチャンピョンだから多人数の小銃やライフルに勝てるとか思うのがどうかと・・・。

もちろん警察や軍隊・警備等に居れば[銃]に対する訓練もしているでしょうが、ボクサーは本来その様な銃撃戦を想定した訓練をしていません。

また訓練しているからいつなんどきも殺されない訳でもありません。

此処から少し話題が変わりますw。

自分がよく格闘技や武術をなんでやらないのか男性に聞くと、「銃が有ったら終わりでしょ?」と返ってきます(特に日本で)。

日本でそうそう銃には遭遇しません。

もっとちがうシュチュエーションで身の危険に遭遇します。

ブラジルでさえ金が有るやつが違法に持ってるか、普通は警察・警備員が所持してます。たまに田舎だと車に積んでたりも有りますがw。

でも日本より銃には遭遇しやすいですが状況にもよりますが、拳銃なら弾が当たらない確率は大分上がりますw。

武術はルールが無いのが通常ですから[刃物や銃]に対して研究している流派も有ります。

多くの人が何も訓練しない言い訳に[銃]を根拠にするのはなんでなんだろうと。

何故自分だけ武器を持った状況を想定するのか?

相手が武器を持ったらただ殺されたいのか?

相手も銃を持ったら訓練している方が有利に成る確率が上がると考えないのか?

そのような人たちほど銃を知らなかったり格闘技(勿論格闘技には基本武器の訓練はありませんが)や武術を訓練せず非常時に警察や周りの人達が助けてくれると思っているようです。

最初から何故諦めて他人の助力だけをあてにするのか?

銃の種類にもより命中精度も全然違いますし、相手が銃にこちらより詳しいだけで何も知らず訓練していない人が生き残れるチャンスはどんどん減っていくわけです。

ですから銃を言い訳に何も訓練しないと言う人達にはいつも感心しています。

たいしたものだと。

ふと思い出したとりとめのない日記でした・・・

« 下から上に | トップページ | 養武禅教授内容1 »

武術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216323/47220322

この記事へのトラックバック一覧です: 自分にそんな度胸は無い:

« 下から上に | トップページ | 養武禅教授内容1 »