2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

養武健真舎日記

23日はピンアンセミナーでした。沖縄拳法の全国の皆様とお会い出来てとても楽しいセミナーでした。
又、Y先生の凄さも垣間見れて貴重な時間を得ることができました。
Y先生は世界でも最高峰に部類する実力の持ち主だなと、改めて感じた次第です。

関東支部は終電を逃し、神田駅から秋葉原駅まで歩いて始発にのり、
寝ずに沖縄拳法関西のTさんの施術をさせていただきました。

Tさんが劇的変化をとげたので、いかに日々凄い稽古をされていたのかが解りました。
ゴットパンチ&スペシャル捕り手のY先生を始め沖縄拳法の皆様と
又、お会い出来るのを楽しみにしております♪

養武健真舎日記

24日は沖縄拳法関西の有名人、Tさんが施術に来てくださいました。
大分劇的変化が有ってなによりです。
DVDも買って頂き、恐縮です。
又、お会い出来る日を楽しみにしております。

養武健真舎日記

11月22日はK選手が施術に来てくださいました。
日々の稽古が体にきざまれていて、所々改善させていただきました

又、「養武禅の青龍・白虎・球磨のストレッチ効果が有って助かってます。」と言ってくれました。
最近Y先生に改善していただいた構えを見せて頂き立禅に似た構えで、ちょっと嬉しかったです♪
秘密訓練の成果としてこんな感じで打つと見せて頂き、
自分も養武
だとこんな感じですと見て頂きました。
「こんな変化もあるんですね!面白いですね♪総合格闘技で、
見て
みたいな。」というような感想を頂きました。
最後に至福の時間を頂けた事深く感謝します。

K選手の益々の御発展とさらなるLEGEND御祈り申し上げます!\(^^)/

養武健真舎日記

最近は養武クラニアルの筋膜リリースとイマジナルフィードバックや、
クラニアルムーブのセンスィティブとダイナミックがとても効果的に患者様方に作用しているようで、
手応えを150%ぐらい感じています。

皆様の御多幸と御健康御祈り申し上げます!\(^^)/

養武健真舎日記

國友先生がブログに養武クラニアルセミナーを載せてくれています。

養武健真舎日記

國友先生がブログに養武クラニアルセミナーを載せてくれています。



養武健真舎日記~クラニアルセミナー~

来年新規のクラニアルセミナーの予定です。興味のある方は是非宜しくお願いします!m(__)m
来年のクラニアルセミナーの案内です。

講義日程
 BASICコース
  1月12日(日) 結果の出せる脊柱の評価と治療
  2月 9日(日) 結果の出せる骨盤の評価と治療
  3月 9日(日) 臨床にいかせる頸部・四肢の治療
 ADVANCEコース
  4月13日(日) クラニアルにおける内臓の診かたと治療
  5月11日(日) 頭蓋治療(クラニアル療法)
  6月 8日(日) 特殊テクニック
 
 ※1 BASICコースをすべて受講することで、ADVANCEコースの受講が可能となりま     す。
 ※2 日程の都合がつかない場合は、次回のクラニアルセミナーへ振替が可能です。詳細はお問い合わせください。

前回のセミナーの感想です。
【セミナー参加者の感想】
・体の使い方を学ぶことで、力をかけなくても治療ができるようになった。
・内臓の治療など理学療法では学ばないところを勉強できてよかった。
・脊柱・骨盤・頭蓋骨の治療は、リハビリではあまりないので勉強になった。
・脳脊髄液・膜・内臓・反射ポイント・Oリングなど新しい視点が得られた。
・実技が多く、実際の治療に活かしやすい。
・評価から治療へのつなげ方がとても勉強になった。
・スラストが臨床では応用が効いて、すべての部位に使えた。
・数多くの技術が学べてよかった。
・実技は、一人一人について、細かく教えて頂けていいと思う。
・少人数なので一人一人に講師が回って実技を教えてもらえるところがよかった。
・実技の時間が十分にあってよかった。

興味のある方はぜひご参加ください。
お問い合わせは、seminarappli@gmail.comです。
よろしくお願いいたします。

養武健真舎日記

11月20日は、T先生が施術に来てくださいました。
そして「大関さんはよく武術の指導でも施術の指導でも、
簡単な事
だからすぐ出来るようになるというけど、
普通の人はそこで落ち込んだり、引いてしまうんだよね」
という様なアドバイスをいただきました。

おっしゃるとおりです。

でも自分はこう思うんです。
「難しい」「レベルが違う」「出来ない」等習う人はよくいうけれど、
それは自分を伸ばすブレーキにしかならないと考えています。
ただ感傷に浸るだけでは前には行けないと。
逆にちょっとでも前に進めれば、御の字です。
自分も習った事でその先生方を越えたこともないです。
武術も施術も皆先生方や、先輩方に「お前は才能のさの字も無いね」と言われて来ました。
多少武術は過程で良い評価は頂きましたがいつも最初はダメダメです。

社会人としてもダメ出しの連続は、皆様の知ってるとうりです。
この間も沖縄拳法の進級試験最低点頂きました。
それでも少し前に進めれば御の字だと自分にブレーキをかけないようにしています。
いずれ自分に良い変化は現れます。
特に技術を習うとき、覚えるとき、「難しい」「出来ない」て言葉は捨てましょう。
必ず何かは変わります。

言葉の呪縛。
これも負のプログラミングです。

私の口癖。
「簡単ですよ」「すぐ出来ます」は私からのエールとご理解下さい
なるべくその様なフォローをしているつもりですが、聞き落としたり、言葉が足りないときは御容赦下さい。

養武健真舎日記~養武健真法セミナー~

本日は養武健真法セミナーです。

今回は目から鱗シリーズ、養武クラニアルムーブの一人リラクゼーションと立禅の攻撃意念及び歩禅と護身テクニックです。

11月30日・12月7日の19時より21時30分迄。定員8人
シリーズセミナーとなり、参加費各5000円となります。どちらか参加でも盛り沢山な内容に成る予定です。

場所は東京都荒川区西日暮里1丁目ー46-11モーラビル1階

日暮里駅北口改札を出て右側東口に降りますと、駅を背にロータリーを待直ぐ進むと、
(りそな銀行)を左手に見ながら進むと、さらに左手に(ひぐらし小学校)、右手に(いなげや)が見えてきます。
さらに進むと常磐線の踏切が有りそれを越えて直ぐ右手が会場となります。
まだ看板等出来ていないのでお気を付け下さい。

御申し込みは
直接080-4955-4649にかけて頂くか、
kanfumaster@hotmail.co.jp
に連絡ください。

養武健真舎日記

今日も沖縄拳法ひぐらし稽古会は
H副支部長、I先輩、Iさん、Kさん、大関の5人で濃い稽古ができました。

ピンアン初段・二段・三段を二回と藤原組の突き稽古分析や、
Y先生の遊び稽古の紹介レクチャー、
押し合い稽古のY先生のアドバイス紹介、
約束組み手二種を稽古しました。

ありがとうございました。m(__)m

養武健真舎日記

昨日も朝までマッタリ五時間稽古してしまいました。
ケトルと砂袋の合間に養武と沖縄拳法と剣術をマッタリだらだらやってしまいました。
ヌルクテご免なさい。m(__)m
O1_n_2
O2_n

養武健真舎日記

最近腕が細く為ったと自他共に感じていました。

ケトルはパンプ難しいのかと思ったら、間一日休み週三回軽めに追い込んだら、ちょっとパンプしてきました。

サボりすぎか。(^^;)

Oozekiude_n

養武健真舎日記

昨日は寒かった。
長女のY子が風邪がなかなか治らず、耳鼻咽喉科でお薬貰いに行って来ました。

めちゃめちゃ混んでました。
薬を貰うまで三時間コースでした。
皆様も御体御自愛下さい。

養武健真舎日記

11月10日は、初参加の某フルコン空手の師範代と太気の経験者・報知新聞のOさん
サンドバック取り付けの下見に来ていたT君も交えて稽古が、できました。

太気の経験者から砂袋とスタンドをタダで頂き使えるようにも成りました。
でもサンドバックは来年かもしれません。

養武健真舎日記

一昨日はIさんとIさんが養武術をトレーニングしに来てくれました。
二人ともDVDだけでは解らない部分が大分あるとの見解でした。

立禅からの歩禅や、どのような攻撃意念を持つか意識してもらうと
大分立禅の内容・モチベーションが違ってきます。
後は推手をして対人稽古を研究して終わりました。
締めは西日暮里のガストのドリンクバーとつまみを皆で頼み終わりました。

養武健真舎日記

今日も[沖縄拳法・ひぐらし稽古会]にて、Mひこさん・H副支部長・I先輩・S先輩方々が来てくださいました。
又々濃い稽古で、ナイハンチ三回、セイサン二回、ピンアン二回御指導頂き、
自分はI先輩にもう一度ピンアンを御指導頂きました
又Mひこさんから初心者もやった方がいい、約束組手を紹介して頂き、
要点をいくつか教えて頂きました。S先輩は弟子用の約束組手の質問をMひこさんに聞いていました。
途中背中の鍛えのセイサン構えをやって
最後にMひこさんにピンアン二段・三段・四段・五段まで見せて頂きました。

有難い限りです。m(__)m

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »