2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

     

  • Academia Yobuzen
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

旅行・地域

マインドランゲージ

最近日記で愚痴ばかり書いてるのは解っていましたが、改めて最近心技共に未熟さを痛感しています。

まず今日を生きていられることに感謝します。

そして皆さんやその他の協力者のおかげで今が在ることに深くお礼申し上げます。
...
さて話は変わりましてカイロプラクティックの検査方にマインドランゲージというのがあります。

日本ではオーリングテストと言って一部の医者や薬剤師等に使われている検査方でもあり、これは色々な情報を人間の体が無意識に感じ取っているものを、筋力テストで見つけ出すやり方です。

普段はこの検査方で触診・視診以外に感じ取っている患者さんの情報を確かめるために使ったりするのですが、自分が解らないものの選択肢をある程度思いつく中で当てはまるか検査していきます。

良く奥さんがブラジルで幽霊らしきものを人々や本人・家族が見たことがあると言っていました。

自分も幻聴・幻視かなと思える程度の体験は有り、

幼いころは飼い犬がバスに引かれて死んで、しばらく飼っていた部屋で足音や鳴き声が一か月ぐらい聞こえてました。

後は大人になってからですが、ある室内で先輩と武術の稽古中誰もいないはずの所でスリガラスの向こうに、蛇の様な横に長細い感じのものがチラチラ見えていて、霊感が在るらしき先輩が「今龍の気が来ていたね」と言われ自分も何かは見えてはいたけど疑ってかかり、何度も光の加減や角度かなと思い色々再現できないか遣ってみたけど駄目でした(龍の気かは不明ですがw)。

その他は良く霊的スポットと言われる場所や墓などに近づいたりすると、体の弱い所や痛めている所が痛くなったりという感覚が先に来て(マインドランゲージでは体が求めていないものや嫌なものに近づくと神経が感じ取って筋力が落ちる事から来ると考えられている)後から知ってる人や景色でその様な場所があると解ったりしました。

もちろん酷い状態の体やその様なスポットに遭遇すると敏感な施術者や霊感のあると言われる人たちは同じ様な反応に成る話は良く聞くところです。

自分の場合もあるクライアントの体の痛みが物療や通常のエネルギーテクニックではどうしても変化せず繰り返し出てくるので、これはエネルギーでも霊的な問題かマインドランゲージで検査していき、「身内で姉が無くなって住んでる部屋の近くでクライアントに影響している」と出たので聞いてみると「姉は健在だけど部屋の近くで黒い影の様な女性みたいな感じのものが飛んでるのを良く見かける」と言っていました。それを見ると怖くなって布団をかぶって寝るけど、気分が悪くなるとの事でした。後から女児が姉とクライアントの間に居て流産していると思い出してくれました。一応霊が胎児から育つのかは解りませんがクライアントは家族の中でもやさしい性格なのでたよってついていたのかもしれません。それがこの体の不定愁訴の原因としてマインドランゲージでは出てくるため、カイロと武術的呪法の合わせた施術でその問題は改善されたようでした。又その家にも行って場を整え供養するように伝えました。

又、アトラクションなどに出かけ変な感じがするのでマインドランゲージで原因を探ると、場なのかそれとも人間なのか動物なのか子供から大人のどの年代とか性別ぐらいは判別出来て、悪質か害の有無ぐらいは検査で出てきたりします。そしてどの位置にいるか検査して良く見るとそれらしき靄の様なものが見て取れたりします。もちろん思い込みも考えられますw。

ブラジルに行く前は猫を飼っていました。ブラジルに連れて行こうと思ってましたが餌を食道につまらせ死んでしまいました。

やはりしばらく足音と気配や息遣いをしばらく感じました。

これはブラジル人の奥さんや3歳だった娘も感じていて二人は猫の鳴き声も聞いたと言ってました。

そして最近越した家の洗濯場で(2階にあって鍵もかかって誰も入れない場所なんですが)暗闇の中洗濯場のあるスリガラスの向こうを奥さんと娘が見ていて、無言で私に見る様に指をさしていて見ると男性らしき丸い顔と体の影がスーと斜め上方に滑らかに動いて消えました。最初自分たちの影かなと色々再現してみましたが、暗闇に影が動くのは再現できず、今考えてみると影自体が発光している様な感じでした(なるべく最初に見えたりすると疑ってはかかるのですが・・・)。

マインドランゲージでは生霊で近所なのかどうか調べてみると大家さんという結果になりました。

今朝も家の調子が悪い所を直してました(マナウスでは業者に頼むと壊されて金だけ取られたりします)。

その時は大家はリオに出張中だったのですが、心配で寝てから生霊に成って来てたのかもしれませんw.

あくまでマインドランゲージは思い込みに左右される場合もありますので絶対的なものではありません。

博打とかは全然当たりませんoaz.

現実と照らし合わせての判断材料の一つと捉えて結果と整合できていければ役に立つと考えています。

パソコンに向かっていると気のせいかもしれませんが背後や横に気配を感じる気がしますw.

そんな皆さんに自分は助けてもらい今が在ると感謝しています。

非常感謝!多謝!多謝!拝

神到・意到・氣到・力到    太極到・無極到

悪あがき雑感

マナウスではいよいよ限界を感じ、出稼ぎ帰国にもう借金してでも帰ろうと思い金策しましたが、過去に援助いただいた方達にはもう迷惑をかけれない為、今回太気拳関係に頼ってみたのですが先輩一人だけ貸してくれる以外は難しく、その方だけの借金では帰国費用にはたりませんでした。

その為マナウスの周りの人達もいよいよ自分達が生きていくのが危ないとみかね、口だけは紹介すると言っていた患者をやっと本当に紹介してくれたりとようやく動いてくれました。

おかげで移転して経費を削減し、なんとかギリギリやっていけるかも?まではなったんですが、マナウスですから油断は禁物。まだ安心はとてもできません。


ここ最近こちらがギリギリ限界なのを察して紹介してくれているためか、こんなに駐在員や日系人がマナウスに居るのかと思うぐらい来始めましたが、大概の方が1~2回治療すると症状が取れるらしく(紹介者からの情報)、リピータに成る患者は一握り。

そのリピーターですら3か月週一で来てると改善されて来る率は減っていきます。

そのたびに逆葉隠で(あした飢え死にか?)といつも死を覚悟する今日この頃(笑)。

最近は気力が失せて惰性で治療してる感じです。

治療法も単純化し簡単になりすぎて、プロの技術としては恥ずかしいレベルです。

でもその方が力が抜けて、余計に症状が改善される治療家のジレンマに悩まされてます(不謹慎でスイマセン)。

アカデミアの方も最近は、マナウスでも日本でも自分の技術なんかみんな習いたいなんて思わないんだから教える必要なんかないよなと思っています。

近頃教えようと思わなくなりました(笑)。

そう思うと会員が3~6人ほど狭いスペースで習いに来てはくれます。

最近はB神館系のブラジル忍者男性25歳が入会しました。

このB神館の創始者であるH先生は天心古流を元ネタにしているそうですから、澤井先生も太気に取り入れている様なので、自分とは親戚流派なのかもしれません。

そのせいかどうかは解りませんが覚えは早いようです。

でも立ち関節教えたら全然知らないみたいです。

何故?????

しかしこっちで日本系武術を習ってる人間は、皆技をかけられたら自分で崩される癖が異常についていて微妙です。

もう一人は患者で生物学の博士が週一で治療に来てくれているんですが、親子で入会してくれました。

娘は柔道もやっていて柔道セミナーや剣術セミナーも来てくれましたが、剣術のセンスはピカイチです。

現在18歳で小柄で顔も美形のブラジル人好みのスタイルですが、普段歩くと相撲取りみたいな歩き方をしてしまいます(武術的にはそれでも良いのでしょうが・・・)。

武術センスはピカイチですが本人も其処が悩みのようです(笑)。

今日は立禅の龍・虎・鳳凰・麒麟・熊(健身)・亀(技撃)の基本を教えてから歩禅の三角歩と開合試力を教え、それが打撃だけでなく、全ての動きや崩しにもつながる様に説明し、本気で逆らい防御させてから上記の若者二人を崩して転がし遊びました。

日系の患者さんにも二人程武術を進めていたら、6月からやる気に成ってくれたみたいです(あれ?無意識に勧めてた・・・習慣とは恐ろしい)。

まだ来るかは解りませんが・・・。

人間の体は健身や武術において、頭のニュウトラルな状態・臍が後方に引かれる・尾骨を下方前方に刺す意識は共通して大事な所ですね(これが出来てくると巷で言われる逆腹式呼吸にも自然と成ってきます)。

ブラジル・マナウスの嘘文化

ブラジル人が信じられない所だと言っているマナウスという魔境に住んでる大関です。



日本は未曽有の震災にあわれ多くの方がお亡くなりになり、一年が経とうとしています。

改めて国と東電の人殺し体質が変わらないことに怒りを禁じ得ません。

お亡くなりになられた方々の御冥福を御祈り申し上げます。


明日はブラジルでの3月11日に奇しくも先月の他のアカデミアでのセミナーが延期に成り、今月に遣る予定で、土曜をムエタイ4段の先生が受け持ち、日曜を自分が受け持つ予定でした。

そしてそのアカデミアから金曜日の夜に「土曜のセミナーにあなたは参加しますか?」とメッセージが来ました。

「土曜は見学したいが有料ですか?」と返すと

「ムエタイの先生がタイから帰国するお金がないので、お金を私(大関)が払い練習をみんなに見せてください」

?????なメールが返ってきました。


結局自腹で電話して聞いたら、お金をカンパして練習をただで見せろと言う意味らしい。

たしかにフェースブックでその先生、俺はタイに行ってうまいもん食ってバカンス楽しんで練習(他人の練習風景)してるぜ!みたいな動画や写真ガンガン載せてたけど・・・・・

こちらも余裕が有ればバカな話だがショウガナイナとも成るかもしれませんが、マナウスでは近所で食料を売ってるところの近くは高くて住めないので、現在の住居から道なき道を歩くと怪我しそうになりながら、片道30分歩いて食糧を何とか調達してやりくりし、恥ずかしながらマナウス内の観光など自力でしたこともないのに、余裕こいてタイまでいって遊んでる人のお金の計算が弱い(ブラジル人は簡単な足し算が出来ないひとがほとんど)のにこちらは付き合えません。

理由だってタイで金が無くなるのは男ですから検討つけまくりです(笑)。

日本人・日系人の中マナウスで一番貧乏な家族4人食べ盛りの4歳2歳を抱えてる自分がそんな女遊びのツケを何故払はにゃならないんだと。

しかし金は無理だけど、土曜・日曜講師遣るのは吝かではないというと、生徒が集まってないとのこと。

「問い合わせが2件あっただけなので延期してほしい。こちらはセミナーの日にちも把握していなかった」とまたまた?????な返事

メッセージで誘っておいてそんな解る嘘なんでつくかな?

結局集客能力ゼロなのがようやく解りました。

自分の弱小アカデミアでさえ10~8は予約が入り8~6人は参加者がいました。

規模はでかいけど力が全くない所なのがはっきりと解りました。

他に空手・柔術・ММAのアカデミアが口だけ講師にしたいとかセミナーしたいとか言いますが口だけです。

体力重視の実力だけで、技術はほとんど無いのが現実です。

もうこれで4つのアカデミアから裏切られてきました。

又、今日の朝の予約患者は遅いので電話すると、

「今、歯医者で動けない。実は自分じゃなくて80歳の父親を連れて行きたい。昼に変更してくれ」

そして昼の予約時間にも来ないので電話すると

「あ~忘れてた。今忙しいし、おれの父親はもう死んでいない」

と気の狂ったような嘘の付き方。

もうちょっとマシな嘘ならまだしも、マナウスのブラジル人は頭が悪くて皆嘘をつくんですぐばれるんですよね(笑)。


マナウスの嘘文化にはそろそろ家族は限界のようです。

トイレも壊れたままです。

私より奥さんが壊れかけてます(笑)。

そろそろ判断しなければならないのかもしれません。

アカデミア近況

最近養武禅アカデミアでは、前回の剣術セミナーに来ていたベレンの剣道家が入会し、3回程稽古に励んでいる。

刀禅で基本となる一重身の球磨を遣らせて身法を理解してもらおうと指導しているが、刀棒の状態で此方を斬ろうとしてくるのだが、全て笑ってしまうぐらい手打ち(腕)で刀を動かすため、こちらが身で刀を操作すると、わざとやられてるのかと思うぐらい勝手にこちらの刀に斬られられる状態になる。

おかげで手打ちと身で使う差が顕著に出て、その差に改めてこんなに違うんだなと逆に再認識させられる。

マナウスに来るブラジル人の剣道家や剣術家は大同小異こんな感じが多い。

しかし子供が大人に絡むように挑んでくる剣術家の頑なさは評価に値する。

良い方向にそれが生きてくれることを期待したい。

逆に当たり前ではあるが剣術少女や他の生徒は、自分とやるとそれなりの状態に成るが、手打ち系の人間とやると腕でやってしまい腕がきつく口で説明しだす(笑)。

たしなめて練習させているがここが我慢と工夫のしどころだろう。

又、柔術の青帯でムエタイを遣っている人間が紹介で入会してきたが、なかなかのセンスと頭の良さで、養武禅の立禅の意味を理解していたようだった。

しかし外人としてはあたりまえなんだろうが、此方のムエタイ経験者は初級・中級ぐらいまで極端にムエタイを誇張した動きに成る。

自分がフルコン空手やムエタイ・ボクシングを経験しているのも有るだろうが、無駄を省く事を主眼とする意拳にとっては鴨葱ではある。

いかに立禅(站椿)で動作の無駄を省き、最短・最小で敵を制圧するかを実際に自由に攻撃させて、此方は攻撃をサバキながらカウンターを寸止めし推手で壁に優しく追い込み畳に崩し投げ納得してもらった(笑)。

しかし頭が良い人間で経験者に教えるのはこちらも楽で楽しい。

あと一か月アカデミアがモツかはわからないが、最後のほうでこの様な生徒が来るとは皮肉なものである(笑)。

刺客

イヤー昨日壊されたトイレさらに同じ業者が今来て、今度は大丈夫と更に修復不可能に部品等も破壊してくれました。

足元には見事と言えるぐらい壊した部品が散乱しています。

壊して水が止まらなくなり水を触ってたたずんでます。


完全崩壊し同じ水回りのシャワーも使えなくなりました。

水が止まらないので同じ水元の一階の歯医者もダメージで支障が出るでしょう。


マナウスではトイレもそうですがシャワーに入れないのは客商売として致命的です。

思わぬ刺客に命たたれそうです(笑)。



もう摘んだかな?

マナウス人間雑感

ブラジルのマナウスで早や一年を過ぎ、魔のカーニバル(患者が金を使い果たす為この時期の前後、庶民層は来ない)期間を乗り越えましたが、相変わらずマナウスが嫌いに成る出来事の連続な毎日です(笑)。

マナウス在住のカイロプラクティスの患者で日本人移住者に、だれか運転できる人間を探していると聞かれたとき、ブラジル人である奥さんの親戚で元警官の人間なら居ますがと言った所、こちらでは警官は一番信用できないからその紹介の仕方では誰もその人を雇わないと言われました。

改めて警察は犯罪に近い場所だけに、取り締まる側が「朱に染まれば赤くなる」の言葉の様に成っているんだなと感じたしだいです。

ブラジルへ来る前に日本で「警察が夜は泥棒に成るから、夜は絶対出たら駄目だよ」と言われたことも思い出しました。

こちらの人達の話では警察やその他の公的機関はいかに民衆から金が取れるか日夜努力しているそうです。

その患者はマナウスで現在高齢ながら無農薬野菜を作りその集まりのなかでリーダー的存在だそうです。

現在オリンピックをはじめサッカーのワールドカップ等国際的な物ではその土地の無農薬野菜を出さなくてはいけない取組らしく、マナウス政府も形だけ啓蒙措置が取られ、その集まりに活動費として100万円程の援助金が出ました。

そうして何かの公的な手柄は背府や役人がやったことになるらしいです。

しかしその援助金は現在行方不明に成っているそうです(笑)。

もちろん担当の役人がくすねた以外在り得ないとのこと。

しかしそこをゴネタリ問題視し上の人間に陳情したら、殺し屋が来てしまう国です。

殺し屋もピンきりだろうが安く雇える国です。

故に誰も騒がない。

何処の国でも政府と役所、そして検察と警察が最大のマフィアなのは同じですね(笑)。

日本の検察なんてアメリカの出向機関て感じでその他も冤罪数知れずですよね。

日本の警察は道交法や免許関係・隠し帳簿以外にもOBが車両関係や駐禁とパチンコ景品・売春風俗で稼いでますし。

自分も往診で道交法の冤罪を白バイ警官につけられたときはさわぎましたが、免許の点数は必ず冤罪と解っても引かれる制度には驚きました。

勿論中にはまともな方も比率は各国違えど居るでしょう。

自分の師兄や武友にも国家権力に携わる方たちがいて皆真面目に職務をまっとうされています。

しかし大概の国家権力の中枢は国民や民間からどのように搾取するかその仕組みづくりに全力を注いでいると自分は感じています。

警官の師兄もそれは認めていました。

その方はその仕組みに反対して出世は諦めたそうです。

話はマナウスに戻りますが現在個人事業主として役所に届けれないか模索しています。

何処かにきいても皆知識が希薄か知らないのがマナウスです。

家から凄い離れた警察(もちろん知り合いの親戚で車を持っている人間に有料で連れて来てもらう)で滞在ビザを作らなければならない時も、担当の役人がまず自分たちの仕事が解らなく間違いだらけの手続きをして、その間違った手続きをするため間違った書類を高額有料で他の遠方の役所で日を改め作らされ、その書類を言われたとうり提出すると、この書類は間違っているから使えないと目の前で破り捨てられる。

こんなことを2~3回くり返し「いい加減嘘を繰り返すなら領事館に訴えるぞ」とごねたら担当者が集まり相談して書類も作り直さないでビザがでました(この行為も危ないと言う人もいたが)。

それで、最近奥さんに頼んで役所申請の方法を調べてもらうと、現在の収入では不可能な会計士を雇い一月600ヘアウを払う会社スタイルしかなく、個人事業の受け付けは遣らなくなっていると役所で言われてしまいました(これも担当者が知らない方法が有ることが考えられる)。

会社スタイルでも儲からないうちは安くできるかもしれないので、ただで調べてくれる(この時点で怪しい)会社をその役人に奥さんは紹介されました。

しかし奥さんは信じてしまい、自分の履歴や家の履歴をコピーして会社に渡してしまった(このコピーと会社に行くのもバスを乗り継ぎ時間がかかる。もちろん電車などマナウスにはない)。

そして今度は家族全員で来るように言われて奥さんが戻ってきた。

これは絶対的に怪しいと判断しもう一度会社に電話を掛けさせた。

奥さんが行ったとき対応した人間が最初社長だったのだが、従業員の女性が出て、やはり調べるだけで150ヘアスかかり一人の申請で1300ヘアス、家族全員で何か申請?の書類を作ると1500ヘアスと言ってくれた。

この辺がブラジル的というかマナウス人の徹底して詐欺行為が出来ない配慮の甘さが功を奏した結果なのかもしれないが・・・

いそいでキャンセルして書類を奥さんがバスに乗って取り返し自分は泣く子供達をあやし一日つぶれてしまいました。

話は変わりますがブラジルでも貧乏人が多い割にマナウスは一番物価が高いそうです。

故に持ってきた金は開業する家を見つけてすぐ、サンバの季節に成り資金も底をつきました。

何をやるにも金のかかるのがマナウスです(来るまで知りませんでしたし、奥さんもここ最近のマナウスの変化についていけてません)。

太気の師兄が一月5000円ぐらいで生活できるの?とメッセージで送ってきましたが、現在朝から夜まで約12時間働いて1月15万円ぐらいの稼ぎです。

12万円は経費(家賃と光熱費)に消え後の3万円で食費をなんとか削りながら生活しています。

もちろん子供は無料の学校しか行かしてやれず、まともな教育には一月1500ヘアスかかるそうです。

現在一月5000円(100ヘアス)無駄に使うとおそらく家族全員死ねる感じ(笑)。

そういえば前に150ヘアスする扇風機を子供が壊したときは血管切れそうになりました。

治療費の相場が他の日本人や日系人で、肩や腰等一か所30分で70ヘアス、一時間全身で120~110ヘアスです。

だいたい100ヘアスが5000~6000円と考えてください。

うちは三十分40ヘアス、一時間80ヘアスで一時間30分から3時間は120ヘアスでやらせてもらっています(この辺が自分も治療バカで計算できない所)。

上記の日本人や日系・アメリカ人の治療家等は話では自分の遣り方と比べると改善するのも時間がかかり、相当強い力の方法だと来た人たちには言われます。

この様なソフトで効果が早く出るのは初めてだと言ってくれる人が他の治療を散々サンパウロやベレン等で受けた方に多く感想を持たれます。

それでもこちらの人間は大学出ていても計算が苦手で、そんな他の日本人の高い所(30分70ヘアス)に通っている付添いの奥さんが、御主人が3時間も施術して120ヘアス(一時間40ヘアスの計算に成る)にもかかわらず「なんでこんなに高いんだ!もうすぐ定年に成ったら給料が安くなるからこんなところは来ない」と背筋が寒くなるわけのわからないことを言われました(笑)。

もちろん旦那の居ない所で自分の奥さんに言ったのですがやはりマナウスだからだろうか?そんな話此方にも伝わるだろうし、思っても言わなければ鬼ともわかるまいに・・・

ちなみにその夫婦は治療院から手をつないで行き帰り車まで歩いていました(笑)。

そういう人間は日系でも言葉もろくに日本語はおろかポルトガル語も余り知らない人が多いとのことだそうです。

前に話したもうすぐ70歳に成る柔道家(この方も無資格だが鍼灸とマッサージを生業にし一時間120ヘアス取っている)も「ブラジルに50年弱いるがマナウスは考えられない所だよ。よく一年もいら
れたね」とここの民度の異常に3か月で挫折(マナ弟子は応援してくれず、患者もこなくなったそうです)されていました(笑)。

自分の場合は武術の先生やマイミクの武友の方々の援助でなんとかここまで生き延びられました。

上記の方々はあくまで自主的に自分達家族の事を心配して下さり、自分は貸してください等一切言わないにもかかわらず見過ごせなく援助してくださいました。

震災直後金銭的限界が来てようやく連絡が取れて、安否の確認が出来てからこんなタイミングで申し訳ないがと腹違いの兄弟にもダメもとで(腹違いなので自分だけ他の兄弟と疎遠)5万円貸してくれと頼んでみたのですが、そんなあてのない話に金は出せないから領事館に頼んで帰国させてもらえと、早くも見捨てられてましたoaz。

又、他のマイミクに自分が日記でもそれらの援助に対しお礼を述べたのを見て、そうやって金をせびってるんでしょと言われました。

まったく自分の不徳の致すところです。

こんな愚痴り日記ですが応援して下さっている皆様に感謝の念で一杯です!

話はマナウスにもどりますが、こちらに移住して現在パン屋やその他3件レストランを経営している患者さんも、従業員に良く家の物を盗まれみんな平気でとぼけていると言っていたが(ちなみに自分の奥さんもクリスマス家族で集まった日、一番下のグレかけて教会にいりびたっている妹に、日本製のマナウスに無いタイプのサンダル盗まれました)、自分が往診した時もサンダルが無くなっていて、授業員が後から呼び出されサンダルを持ってきて間違ってはいたと良い訳をしていた。そして良く社長がはやびきしていいと言ったと嘘をついて勝手に帰るのがマナウス流らしい。

教会は日頃罪悪感がある人間ほど入り浸るらしく、薬の売買が普通に行われ神父がマフィアに良く殺されます。

学校も政府運営の所では同じ様で、地元の人間も通り過ぎるだけでも緊張感が走ります。

今日はトイレが調子悪く人を呼んだらその人がさらに壊して使えなくして帰ってしまいました。

こちらに居る人間はほとんどまともに仕事できる人間も少なく、修理に出しても反って更に壊れて返しお金を要求します(笑)。

まず武術の生徒にDVDを貸したら50過ぎの弁護士でも来なくなる、そんなマナウスですがブラジル内では治安が良いと言われてましたが、人口比率では犯罪率が高くなっているそうです。

ちなみにブラジルはアメリカよりは治安が悪いそうです(笑)。

マナウス愚痴雑感でした。

その他のカテゴリー